トップイメージ
自己破産申請を実行すると他の人に露見してしまわないだろうかといった具合に心細く真剣に感じられている方がいらっしゃるようですが、自己破産というものを行ってしまっても公的な機関から勤務先などに催促がすぐにいってしまうことはまず考えられないので通常のケースにおいては知れ渡ってしまうことはないです。また、一般的な話だと、自己破産というものの申し込みが済んでいるならば金融会社から会社に督促の書類が送られるといったこともないでしょう。ただ、自己破産による債務整理の申立てを公的機関に行うまでの期間に関しては借入先から自分の部署に連絡がいくこともあり得ます故そのような引き金で気付かれてしまうということが十分にあり得ますし、月々の給金の仮押えをされれば当たり前ですが、会社の上司に知られてしまうことになります。かかる不安が頭から離れないのであれば、専門の司法書士や弁護士などの専門家に自己破産手続きの依頼をするといった解決方法をひとまず検討してみるのがよいと思われます。弁護士などに頼んでみる場合まず借入先に受任したことを知らせる書面送付しますがその通知が配達された後は貸し手が借金を持つ人自身に対して直に督促をしてしまうことは固く禁止されていますから、会社の同僚に知れ渡ってしまうという不測の事態はひとまずは考える必要がありません。さらに自己破産というものを理由に現在の勤め先を退職しなければならないのか否かという疑問については役所の戸籍あるいは住基カードなどに明記されるなどということは絶対にありませんから普通ならば自分の部署にばれることは考えられないでしょう。もし、自己破産申請を申請したことが会社の同僚に明らかになってしまったからといって破産の手続きをしたこと自体を理由として勤務先からお払い箱にするなどということは制度上禁じられていますし、辞職する必然性も一切合切ないと言えるのです。ですが、自己破産申立てが勤務先に知れ渡ってしまうことで会社に居づらくなってしまう退職してしまうということがままあるのも一方では事実と言えます。月収の回収においては、強制執行等の規則を定める民事執行法内で差押禁止債権の枠内で賃金・給料などというものを設定されておりそのような財産においては1月4日という上限までしか回収を許されてはおりません。よってこれを除く75パーセントを押収を行うといったことは法律的に許されていません。なお民事執行法の中で、スタンダードな世帯の必須費用を考慮に入れて政令として水準額(三三万円)決めているため、それより下は4分の1しか押収されないように定めています。つまり、債務を負った人がそれより上の給与を手にしている場合は、それより上の給金について全部仮押えることが可能だと定められています。しかし自己破産について定められた法律の改正により債務返済に対する免責許可の手続きがあり、返済するための財産がないときに認められる同時破産廃止の適用などの処分が決まり破産手続きの終了が決まっていれば、債務の免責が認められ確約されるまでは破産を申請した人の家財に対して強制執行・仮処分、仮処分などといったことが執行出来なくなりすでに執行された強制執行などについても取りやめるというようになったのです。さらには、借金の免責が確定ないしは決定してしまったケースにおいてはすでに実行されていた仮処分などは効き目を失います。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.saitama-idai-rouso.org All Rights Reserved.