トップイメージ
自己破産の申し立てまでの期間は裁判への持ち込みなど法によった要請は認められます。また破産申請の手続きに入ったのち請求までに余計な時間があった際には債権者から提訴されるリスクが増えます。債権者サイドとしては負債の返納もしないで、さらに自己破産などの公的な手続きもしないといった状況であると組織の中で完結処理をすることができないからです。結局、審理によりどういった裁定が下されるにせよ破産の申請者に債務を払う資産はないわけです。取り立て会社もそれは認識の上訴えという示威行為で都合よく和解にさせ完済させるとか当人の肉親や一族に肩代わりさせることなどを目的にしている場面もあったりします。(注)平成17年の1月1日に改正された新破産法において破産の申し立て後は差し押さえなど法律の手続きに関しては効果がなくなることとなります。だから、従前の破産法の際とは違って提訴といったことをしようとも効果がない可能性が高いとして本当に提訴をする取り立て企業はほぼすべて消えてなくなると思います。そういうふうな文脈でも西暦2005年の1月1日に改正されて破産申立は過去と比べて利用しやすくなったといえるでしょう。支払督促の際についてですが支払督促とは、司法が負債者に直接、債権の払込を行いなさいという要求です。普通な裁判をする際と違って取り立て屋の都合の良い意見を聞いて進めるためスタンダードな訴訟のように時と裁判料金が高くなりすぎないので、取り立て企業がよく用いる法的手段です。裁判所に対しての督促の請求がなされた場合、裁判所の手紙が配達される手順になってその知らせが送られてから14日以上が経過した場合、債権者は負債人の資産(給与債権なども)に対して差押え処理ができるようになるということです。支払督促に抗して異議を出すことができる際は、普通の審理に移行していくことになります。普通の裁判は長丁場になりがちですから免責までには判決内容がなされない可能性が濃厚になることに注意です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.saitama-idai-rouso.org All Rights Reserved.