トップイメージ
自己破産申請は特定のお金を外して行う申し込みは不可能なので、数十年残っている住宅ローン又は保証人が記載されている貸与されたお金を外して行う申告はできません。数十年残っている住宅ローンが残っている段階で申請をすれば自分の部屋は強制執行されてしまいますので、ローンを支払い続けながら(自宅を守りながら)借入金を返していきたい時には借入金の返済を軽減する民事再生という申請方法を用いることになります。一方で、親族などの連帯保証人がいる借金が残っているときには自己破産申請をしてしまった場合連帯保証人宛にダイレクトに督促が送られるのです。また所有している財産(ビル、乗用車、株券あるいは各種保険の類い)に関しては、通常処分の対象になってしまうゆえ、絶対に没収されたくない家宝が残っているケースないしは、自己破産を実行してしまうと営業が続けられなくなる免許で給料を得ているケースですと、違った負債返済のやり方(任意整理や特定調停手続など)を取らなければいけないでしょう。また、ギャンブルないしは浪費に端を発する負債を持ってしまった際には一番欲しい免責(返済義務のある借金をなかったことにする認定)が受理されない事も考えられますので別の負債整理の方策(特定調停、債権者との和解による任意整理または民事再生による借金の大幅な低減)といったことも考慮に入れて調べていくことが必要になることもあるでしょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.saitama-idai-rouso.org All Rights Reserved.