トップイメージ
基本的に、個人が破産を申し立てるまでの時間は返済者当人へ対する電話での借金取り立てと本人の住居への訪問によった取り立ては法律違反にはならないということです。とりわけ、自己破産申請の作業に進んでから申し立てまでに手数がかかったときには債権保有人は無理な収集を実行する割合が高くなります。債権保持者側からすると払込もされずに重ねて破産といった法律上の作業もされない状況であれば会社の中での処理を実行することができないせいです。それだけでなく債権保有者の中では法律家に依頼していないと知ると、けっこう無理矢理な取り立て行為を繰り返してくる債権者もいるようです。司法書士か弁護士法人に相談した際には、一人ひとりの債権者は負債者に対し直接集金をやることができません。SOSを受諾した司法書士か弁護士の人は業務を担当すると記載した通知を各取り立て企業に送付することになり、各取り立て屋がその文書を確認したときから返済者は取り立て業者による徴集から逃れられることになります。なお、取立人が仕事場や本籍地へ訪問しての返済要求は借金に関する法律の規程で禁じられています。貸金業で登録している業者ならば仕事場や親の家へ訪問しての収金は貸金業法に違反しているのを理解しているので違法であると伝達してしまえばそのような返済要求をし続けることはないと思います。破産に関する手続きの後は破産者に向けての集金を対象内として、例外なく収金行為は禁止になります。よって、取立人からの支払い要求行為がすっかり消えるわけです。しかし、中にはそのことを分かっているのに電話してくる取り立て業者もいないとは考えられません。貸金業として登録している業者ならば破産の申し立ての後の返済要求が貸金業法の規程に反しているのを気づいているので、違反だと伝えてしまえば、そういった徴集を維持することはないと考えます。とはいえ、闇金融という俗称の未登録の取り立て業者においては常識外で、法律無視の返済請求が理由の被害事例が無くならないのが今現在の状況です。法外金融が取り立て業者の中にいるケースでは絶対に弁護士法人もしくは司法書士法人などの専門家に助けを求めるといいといえます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.saitama-idai-rouso.org All Rights Reserved.