トップイメージ

免責不許可事由という言葉は自己破産手続きを申し立てた人に対し、次のような事項に該当するときは負債の免除は認めないとなる内容をならべたものです。美容

ということは、極端に言えばお金を返すのが全然行えない状態でも、この事由にあたっている場合にはお金の帳消しが認めてもらえないような場合があるということです。美ルルクラッシィの口コミ

破産手続きをして、免除を取りたい人にとっての、最後のステップがいまいった「免責不許可事由」ということになります。ラブコン

下記は主となる免責不許可事由の概要です。黒にんにく

※浪費やギャンブルなどで過度に財産を乱費したり、膨大な負債を負ったとき。ラミューテ

※破産財団に含まれる相続財産を秘匿したり、意図的に破壊したり債権者に損害を与えるように売却したとき。イエウール

※破産財団の負担を意図的に多くしたとき。ライザップ 心斎橋店

※破産申告の責任を持つのに、そうした債権を持つものに特別の利をもたらす意図で金銭を供したり、弁済期前倒しで借金を弁済したとき。アヤナス店舗

※前時点において弁済できない状況にあるのに虚偽をはたらき貸方を信用させてくわえて借金を借り入れたり、クレジットカードを利用して換金可能なものを決済したとき。ディズニー英語買取

※偽った貸方の名簿を法廷に提示したとき。すっぽん小町

※免責の申請の前7年以内に債務免除を受理されていたとき。

※破産法が要求する破産者の義務を違反するとき。

これらポイントに該当がないことが条件ですがこの概要だけで具体的な実例を思い当てるのは十分な知識と経験がない場合簡単ではありません。

しかも、頭が痛いのは浪費やギャンブル「など」とあることにより分かりますがギャンブルといってもあくまでも例としてのひとつであるだけでそれ以外にも実例として書かれていないものが山のようにあるというわけです。

述べられていない条件は、各状況を述べていくときりがなく具体例を定めきれなくなるときや、昔に残されている裁判に基づく事例が含まれるため、ある破産が当たるかどうかは普通の人にはなかなか見極められないことの方が多いです。

しかしながら、まさか自分が事由になっているなどとは考えもしなかった場合でも判定をひとたび下されてしまえば、判断が変えられることはなく借り入れが残ってしまうばかりか破産者となる社会的立場を7年間も負い続けることを強要されるのです。

だから、免責不許可判定という結果を避けるために、自己破産を検討している段階でほんの少しでも難しいと感じるところがある場合は、まずは経験のある弁護士に声をかけてみて欲しいのです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.saitama-idai-rouso.org All Rights Reserved.