トップイメージ

自賠責保険は正しくは自動車損害賠償責任保険と言い、通称自賠責保険と呼ぶ保険です。

保険は属に、強制保険とも言われていてマイカーを決められた期間ごとの車検に出す場合はその車検の期間に有効な自賠責保険に入っている必要があります。

要は、すべての車に加入が義務づけられている保険なのです。

それではクルマに自賠責保険がついたまま売りに出した際にはどうなるでしょうか。

自賠責保険というのは車検のときに更新されるケースが結構ありますが、仮に自賠責保険に加入した自動車を売った際は、払った金額が返ってくることはあまりないでしょう。

なぜならば自賠責保険の効力を一回消して、所有権を持つ人シフトすることはやや面倒なのです。

そのため強制保険の場合は、名義変更をした後にクルマとともに移すということが通常です。

しかしながら、それと同等の金額を商品代に足してくれるのです。

自動車損害賠償責任保険の場合は自動車税とは異なり、支払った額を1ヶ月単位で割り算した額が返金される方法ではなく見積額に上乗せといった手段を使うケースが通常ですが、見積票に明記される場合は珍しいです。

そのため、引き取りのときは強制保険の分の額が売却額に反映されているかをチェックしたほうがいいでしょう。

自らが支払った額がどのくらいの額かだけでも知っておけば見逃すことはないでしょう。

その自賠責保険にかかる料金は、加入していた期間により違ってくるものですから注意しましょう。

クルマの買取の場面では自賠責保険の名義を書き換えしなければなりません。

もし名義書き換えをしていなければ、保険業者からあなた宛てに自賠責の満了を知らせる便りが届くことになります。

査定を検討中のマイカーが少しでも高く手放せることを応援したいと考えています。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.saitama-idai-rouso.org All Rights Reserved.