トップイメージ
特定調停という手段も任意整理による解決とほぼ同じくそれぞれのお金の貸し手への借金の返済を続けていくことを選択する借金整理の手だてのことをいいます。分かりやすく説明すると裁判所が関係する債務の整理となります。この手順も任意整理による解決と同じく破産とは異なってある部分のみのお金だけをまとめていくことが可能なため、保証人が付いている借入を別として検討していく際や住宅ローンの分以外について処理していく際等でも申請することも良いですし、財産を放棄する必要がないため、貴金属や不動産などの自分の資産を持っているけれど手放したくない場合でも選択肢になる借金整理の手順になります。ただし、手順を踏んだ後の返済額と収入額を検討し適度に返済の目処が立つようである場合はこの処理を進めることに問題ありませんが破産宣告と違い返済義務そのものがクリアになるわけではありませんのでお金の総量が大きい場合においては、この手続きを進めることは困難であると考えるのが無難でしょう。また、特定調停による解決は裁判所という機関が解決に当たりますので弁護士事務所などにゆだねなくても立場が弱くなってしまうようなことはないという点や、手続きのためのコストを圧縮できるという良いところがありますが、きびしい取り立てに債務者自らが対処していく必要がある点や所定の裁判所に何度か出頭することが求められるなどといったデメリットもあります。さらに、任意による整理と比べてのことですが、調停にて解決できないような際は利息をすべて含めた状態で振り込んでいかないといけないことや結果としてはお金の貸し手へ返済する額が任意による整理より高くなる傾向がみられるといった注意点もあります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.saitama-idai-rouso.org All Rights Reserved.