トップイメージ

現金化を目的に新幹線の乗車券等を複数枚決済してしまう→の現金化サービスというもの使用せずに換金目的にてクレカ購入をするということも同じ事です。

現金に変えることを狙ったクレカの使用というのは、クレカの契約内容違反に繋がるためです。

必要以上の電車の旅券・切手を購入するにおけるクレカ使用は、換金目的じゃないか??などという風にマークされてしまう可能性なども考えられるため注意するべきです。

さらに言うと、利用時にキャシング利用可能枠というものが上限になられてしまっているユーザーのケースには列車等の切符を購入することにトライするだけでカード発行会社の方からチェックの電話が入るケースもあるので、お金がない時の利用はさせなくなる模様です。

窮している時において企む内容は皆、同じようなものなのです。

クレジットの会社の立場からみてよくない使用をすること》かなり前に話題になった『永久機関』のように、クレジット発行会社にとってプラスにならないようなルールに違反した取引をすると、クレジット発行会社から強制失効となる事実なども存在します。

Web上で噂になったクレカポイントの不正な入手などの多くの人には流通していない秘密の方法というものが存在していても、その方法は一切クレジットの規約違反であるわけだからまずやってしまわないようにして欲しいと思います。

没収となってしまった契約情報は他のカード会社も知りうる>失効させられた場合でも、違うカードであれば使用可能んだから一社であれば心配ないだろう?という風に思った方、この情報流通社会では身を滅ぼすことになる危険もあるでしょう。

そもそも強制退会になる状態になると、クレジット会社が問い合わせ出来る信用情報機関というものへ情報が記録されることで登録された人の信用はなくなる可能性もあるのです。

どこか一つですらクレジットカードを没収させられてしまえば、以後カードですら契約しにくくなってしまうようですし別の有しているクレジットについても強制退会となってしまう事態もあるのです。

幸運にも継続して使用できる際にも使用期限満了時に使用できなくなることもあるでしょう。

兎にも角にも何度も何度も書いていますが、強制退会という扱いになってしまうような利用はどんなことがあってもしないよう正しくクレジットを使って頂きたいと思う。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.saitama-idai-rouso.org All Rights Reserved.